素敵な家を建てるために知っておきたい!注文住宅についての豆知識を紹介

素敵な注文住宅を建てるための豆知識として、好みのテイストを元に施工会社を選定することはとても大切です。
同じような施工会社がたくさんあっても、建てる家のカラーはそれぞれ異なります。
好みに合った家を建てている施工会社なら、理想とするような家づくりができるはずです。
確認したい時には、過去の施工例を見ればすぐに分かりますし、実際に建てたという家を紹介されることもあります。
施工例を見て納得できれば、期待通りの注文住宅になる可能性大です。

注文住宅の断熱性能を左右するのは壁ではなく窓

注文住宅の断熱性能は、多くの要因が影響を与えますが、その中でも窓は非常に重要な要素の一つです。
壁ももちろん大切な役割を果たしますが、窓は外部からの気温変化や騒音、そして室内の快適さに直接影響を与える要素として注目されています。
まず窓の材料が断熱性に与える影響は大きいです。
古い窓や低品質な窓は、暖房や冷房のエネルギーを逃がしやすく、結果としてエネルギー効率が低下します。
断熱性能の高い窓は、二重窓や三重窓のような特殊な構造を持ち、外部の気温変化から室内を保護するのです。
断熱材を内部に組み込んだ窓も、冷暖房のコストを削減し、快適な居住環境を提供します。
窓のサイズと配置も重要です。
大きな窓は美しい景色や自然光を取り入れる一方で、断熱性を低下させる可能性があります。
適切な窓の配置とサイズを考え、遮熱カーテンやブラインドを使用して、必要なときに外部からの気温変化をコントロールすることが大切です。
注文住宅の設計段階で窓の選択と配置を慎重に考えることは、エネルギー効率を向上させ、住宅の快適性を確保する重要なステップです。
壁も大切ですが、窓は外部環境と室内環境をつなぐ窓口であり、その役割を適切に果たすことが、住宅の品質を左右するのです。
したがって、窓の選択には慎重な検討が必要です。

注文住宅の断熱に使われる素材には主に3つの種類がある

これから注文住宅を建てる方の中には、住まいの熱効率を重視するケースもあるはずです。
そこで注文住宅の断熱に使用される素材について、次の3つの種類を知っておくと、後から役に立つかもしれません。
まず1つ目がグラスウールです。
これはガラス繊維を細くしたものを固めた断熱材で、断熱性能が高い上、価格帯が比較的安いというメリットがあります。
このため注文住宅に限らず、あらゆる住宅建築で幅広く採用される傾向が高い断熱材と言えます。
続いて2つ目はロックウールです。
これはその名称の通り岩石を細かく砕いて加工した断熱材。
グラスウール同様に高い断熱性能を誇ることに加え、耐火性にも優れます。
また繊維が飛散しにくいため、健康上のリスクを最小限に抑制できる点も見逃せないメリットでしょう。
そして最後の3つ目が硬質ウレタンフォームです。
これは発泡性の断熱材であり、断熱性能が高いことはもちろん、軽量かつ柔軟なので、施工のしやすさに大きな強みがあります。

外出時に注文住宅のお風呂を沸かすことが可能

注文住宅を建てる時には導入する設備も自由に選べます。
設備面を充実させると生活の質が向上して使い勝手も良くなりますので、近年ではスマートホーム化が進んでいます。
お風呂もその中の一つであり、インターネットとつなげることで外出先からでもお湯をためることが可能です。
設定時間になると自動でお湯をためるようにしたり、快適な温度を保てるように設定しておくこともできます。
また、お風呂の掃除をしてくれる機能が搭載されているものもあり、外出していてもきれいに掃除をされた状態で入浴ができます。
最近ではできることがずいぶん増えており、とても便利になっていますので、これから注文住宅を建てる場合には生活の質を高めるためにも積極的に取り入れたいところです。
外出先から操作を行う時にはスマートフォンに入れたアプリで実行することができる点も、便利だと感じる理由の一つです。
スマートフォン一つで様々な指示を出せるようになっています。

注文住宅の子供の事故は建物内で起きやすい

注文住宅に住む家族にとって子供の安全は最優先事項です。
しかし建物内での事故は避け難いこともあります。
その理由と対策について考えてみましょう。
まず建物内で起きやすい理由は、彼らの好奇心や行動力が高まっていることです。
幼い頃の子供たちは新しいことを探求し、遊びを通じて世界を理解しようとします。
これは素晴らしいことですが、同時に危険を伴うこともあります。
開放的な空間や階段、電化製品など家の中には様々な危険が潜んでいます。
そのため防ぐためにはいくつかの対策が必要です。
まず建物内の安全性を確保することが大切です。
階段に手すりを設置しコンセントにカバーを取り付け、鋭利な家具の角を丸くするなど、危険な場所や物を子供の手の届かないところに隠すことが重要です。
安全意識を教えることも欠かせません。
火災の際の避難経路や緊急時の連絡方法を教え、火災報知器や救急キットの存在を説明しましょう。
他の兄弟姉妹や保護者への配慮を教え協力と責任感を育てることも大切です。
一方で完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、これらの対策を講じることで、子供の安全を確保し、家族全体が安心して住むことができます。
注文住宅は家族の生活に合わせて設計できるため、安全性を重視した計画が大切です。
子供たちが健康で幸せな成長を遂げるために、建物内での事故を最小限に抑える努力は欠かせません。

注文住宅建築時に地鎮祭や上棟式を行うのには理由がある

注文住宅を建てる時に行われる儀式や風習に地鎮祭と上棟式があります。
どちらも昔から行われてきたものであり、工事の安全や建てた後の守護を祈るために執り行われてきました。
このうち、地鎮祭は注文住宅を建てる前に行うものであり、土地の神様を鎮めて工事の無事を祈願する儀式です。
現場で立ち会うのは施主や施工会社の関係者で、神主がお祓いをしてくれます。
上棟式は土地や建築を司る神様に感謝を示し、その家が長く続くことを祈ります。
古い風習を気にしない世代も増えてきてこのような儀式が行われないケースも増加していますが、家族皆が安心感を得られたり、周辺住民へのご挨拶をするといった意味合いもあるため、現在でもこのような風習を大事にしている人たちは少なくありません。
基本的には施主の意向にそう形となるため、施主が行わないと決定すれば施工会社等の周りの人たちが勝手に執り行うようなことはありません。
迷ったら、施工会社と相談して決めることもできます。

駐車場は注文住宅の容積率の算定から除外することができる

駐車場は注文住宅の容積率の算定から除外することができる重要な要素です。
容積率は建物の敷地面積に対する建物の総容積の割合を示す指標であり、都市計画や建築基準に基づいて制定されています。
この容積率は都市の発展や美観の維持に貢献する重要な規制の一つですが、駐車場の存在は容積率の計算において特別な取り扱いが必要です。
まず第一に建物自体の容積とは直接関係がないため、建物の機能や利便性を確保するために必要でしょう。
住宅地域においては、住民の生活を支えるために車を保有し、それを駐車できる場所が必要です。
そのため容積率に含めると、建物の利用性や住環境に悪影響を及ぼす可能性が高まります。
さらに都市の交通インフラストラクチャーに対する負担を軽減できます。
建物の容積に含めると建設する際にスペースを制約され、駐車スペースが不足する可能性が生じます。
これは通行の混雑や駐車の難易度を増大させ、都市全体の交通流動性に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
最後に持続可能な都市計画を促進する手段でもあります。
都市部においては、公共交通機関や自転車などの代替交通手段を奨励し、自動車利用を減少させることが環境への負荷を軽減し、空間効率を向上させる一助となります。
このため注文住宅において容積率から除外することは、都市の持続可能性を高める観点からも重要です。

注文住宅のキッチンには様々なタイプがある

設計の自由度が高い注文住宅であれば、キッチンのデザインや機能についても、自分たちのニーズや条件に合った理想の形に仕上げることが可能です。
ただしその前に、注文住宅にふさわしい幾つかのタイプを知っておくことが求められます。
まず最もオーソドックスなのがI型です。
これはコンロからシンクそしてワークトップへと、横一列に並んだキッチン。
壁付けタイプならば省スペースでも設置できるので、お台所の間取りをコンパクトにしたい方には最適でしょう。
その一方で対面式のアイランドタイプやペニンシュラタイプであれば、I型であっても家族や来客と会話しながら料理ができるため、普段からコミュニケーションを重視している方や、お台所に開放感を求める方には、このタイプを選ぶのが理想でしょう。
非対面式では、コンロやシンクそしてワークトップがU字型に配置された、U型にも注目です。
作業スペースが広いだけでなく、U字の配置で効率的な作業が可能なので、本格的な調理を志向する方にはおすすめです。

注文住宅に全館空調を採用すればPM2.5も遮断できる

全館空調を採用した注文住宅は、快適な居住空間を提供するだけでなく、さまざまな健康上のメリットももたらします。
特にPM2.5(微小な粒子状物質)に対する遮断効果は家族の健康を守るために非常に重要です。
PM2.5は大気中に浮遊する微細な粒子であり、化学物質や微生物など有害物質を含んでいます。
これらの微小な粒子は呼吸器系に深刻な影響を及ぼし、健康問題を引き起こす可能性があります。
しかし全館空調を採用した住宅では、PM2.5の浄化と遮断が可能です。
まず高度な空気清浄技術が組み込まれています。
空気中の微小な粒子を捕捉し、排気空気にクリーンな空気を供給することができます。
これにより家の内部環境を清潔で健康的に保つことができるのです。
窓を閉め切って住宅内の空気を循環させることができます。
これにより、屋外からのPM2.5の侵入を大幅に減少させ、家の中に安全な環境を維持することができるでしょう。
これは特に都市部や交通量の多い地域に住んでいる人々にとって重要です。
温度や湿度を調整する能力も備えており、快適な居住環境を提供します。
これにより窓を開ける必要性が減少し、PM2.5を含む外部の有害物質から注文住宅を守ることができます。

全館空調の注文住宅でもガス代がかかることがある

全館空調の注文住宅は、快適な居住空間を提供し、季節や気温にかかわらず室内の温度を調整する素晴らしいシステムです。
しかしこの便利なシステムを所有することには、時折ガスがかかることがあることを覚えておくべきです。
まず全館空調は一般的に電力を使用して動作しますが、暖房にはガスボイラーやガスファーネスといったガス供給が必要な場合もあります。
冷房の場合電力が主要なエネルギー源ですが、暖房の際にはガスを燃焼して熱を生み出すため、発生することがあるのです。
全館空調が効率的に動作するためには、断熱材や窓ガラスの性能が重要です。
十分な断熱がない場合、寒冷地域では冷暖房に多くのエネルギーが必要となり、それに伴い上昇します。
逆に高性能の断熱材や窓ガラスを使用すれば、エネルギー効率が向上し節約につながります。
さらに家の大きさやデザインもガス代に影響を与えます。
広い家や複雑な構造の場合、暖房や冷房を均等に行うために多くのエネルギーが必要です。
その結果、ガス代が増加することがあります。
全館空調の注文住宅は快適さと利便性を提供する一方で、エネルギーコストにも注意を払う必要があります。
効率的な断熱、エネルギー効率の高い機器の選択、適切なメンテナンスなど、節約策を検討することが重要です。
このような工夫をすることで快適な環境を維持しながら、エネルギーコストを最小限に抑えることが可能となります。

注文住宅で後悔しやすいのはコンセントの配置

家を建てるときには間取りを重視するのが一般的ですが、実際に暮らしてみるとコンセントが使いづらいことがあります。
特にパソコンをはじめとした電気製品が多いケースでは、電源を確保できないことが大きな問題になっています。
そのために注文住宅を新築する施主たちは、設計するときにはコンセントの配置にもこだわる傾向が強いです。
ライフスタイルに合わせて設計してくれるハウスメーカーを活用するのが、電気製品が使いやすい住まいを実現する最善の方法です。
またモデルハウスを見学すると、家電製品が使いやすい注文住宅のプランを見つけることが可能です。
電源に加えて光回線も重視すると、高度情報化社会にマッチしたマイホームを実現できます。
一方で電気製品を使うことが多い家庭では、光熱費が家計を圧迫することも多いです。
したがって家を新築するときには、電源の配置に加えて太陽光発電の活用にもこだわるべきです。
最新の資料を取り寄せると、コスト面でも優れたプランを選べます。

収納が少ない注文住宅は住みにくい

注文住宅を建てるというのはとてもワクワクするものですので注文住宅情報雑誌を参考にしたり、家族でモデルハウスを見学していろんなことを夢見て話し合うに違いありません。
しかし中には、夢のマイホームを手に入れたにもかかわらず完成して住んでみて、「こんなはずではなかった」というような方もおられます。
理由としてはいろいろありますがその一つに、収納が極端に少ないという点を挙げることが出来ます。
収納が少ないと部屋が散らかってしまいますし、かといって家具を置くと部屋が狭くなってしまいます。
ですから、注文住宅で家を建てる際にはクローゼットや押入れなどを確認することが大切です。
玄関部分にシュークロークを設けるならシーズンオフのブーツやコートなどをしまうこともできますし、小さいお子さんがおられるご家庭でしたら三輪車なども格納することが可能です。
台所にパントリーを作ることでたくさんの食料品をストックできますのですっきりした台所になります。

狭小の注文住宅は必ずしも住みにくいというわけではない

狭小の注文住宅で快適に過ごすために大切なのは効率的なプランニングです。
適切な収納スペースを設け、無駄なスペースを最小限に抑えることで、スペースの有効活用が可能となります。
家具の配置も慎重に検討し、部屋全体が広々と感じられるようにすることができます。
一人暮らしの場合、必要なスペースが少ないため、機能的なレイアウトが実現しやすく、住みやすさが向上します。
この注文住宅はメンテナンスや掃除が比較的簡単です。
広い家に比べて清潔を保つのが容易であり、時間と労力の節約になります。
また、エネルギー効率も向上しやすいため、ランニングコストが低減します。
これは一人暮らしの方にとって経済的な利点となります。
一人暮らしの快適さは自己主張のスペースを持つことからも生まれます。
狭小の住宅でも、個人の趣味やライフスタイルに合わせたコーナーを設けることができます。
読書のための小さな図書館スペース、趣味のコーナー、ワークスペース、またはリラックスできるエリアなどが考えられます。
これにより、一人暮らしの方は自分の空間を最大限に活用し、個性的な居住空間を作り上げることができます。

注文住宅の外構費は建物の建築料金には含まれない

自由設計の注文住宅は何かと建築費がかかるため、あらかじめしっかりと資金計画を立てることが求められます。
この点、一般的に家づくりの費用を大きく分類すると、建物本体工事費と付帯工事費そして諸費用に分けることが可能です。
ケースによっては土地の購入費がここに加わることもあります。
このうち自由設計の注文住宅では建物本体工事費が注目されがちですが、意外と見逃しやすいのが付帯工事費。
この工事費には、駐車場や庭あるいは門や塀といった外構工事にかかる費用の他、水道管やガス管を敷地内に引き込む工事費、照明やエアコンまたはカーテンなどの購入および取り付け工事費、さらに旧家屋の解体費用や地盤調査費そして地盤改良工事費にいたるまで、建物以外の広範囲にわたる部分が該当します。
特に駐車場や庭あるいは門や塀といった外構費については、うっかり忘れてしまう方が目立ちます。
もちろんこの部分は建築料金には含まれないため、後から慌てないためにも慎重に資金計画に算入しましょう。

注文住宅の建築費は経済情勢によって左右される

注文住宅の建築にかかる費用は、経済情勢によって左右されます。
不景気になると家を建てる人が減り、注文住宅の価格は安くなる傾向にありますが、景気が良くなってきたり需要が増えてくると供給が追い付かなくなって高騰化します。
また、円安により海外から仕入れる材料が高くなることも、注文住宅を建てる費用が高騰化する原因になっており、様々な要因に左右されるためにタイミング良く動くことが大切です。
適切なタイミングで家を建てたいと考えている場合には、このような社会情勢を正しく見極めて今動くことが賢い選択なのかをしっかりと考えなければなりません。
円安になったからといってすぐに価格に反映されるわけではなく、少しタイムラグがあります。
価格に反映され始めると、多少円高に戻ってもしばらくは建築費が高い状態が続きますので、こまめに情報をチェックしながら最終的に判断したいところです。
ハウスメーカー等に相談することでも、良いタイミングを教えてもらえます。

徳島 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう!

このサイトでは、注文住宅について知っておきたい豆知識を紹介しています。
素敵な家を建てたいと考えるのなら、基本的なことは押さえておかなければなりません。
知識がないと正しく選択できませんし、それぞれのご家庭にピッタリの家がどのようなものなのかも分からず計画が進まなくなります。
ほかにも、熱中症になりにくい家にするためのポイントや、建てる前に知っておくべきこと等を解説しており、有益な情報が盛りだくさんです。

Search